肌荒れの正しい予防知識

肌荒れの正しい予防知識をつけておくことで、コンディションの良い状態をキープしやすくなります。まず良い皮膚の状態といいますのは、真皮層におきまして、水分量と油分量とのバランスが、見事までに良い環境であることが鉄則です。どちらも皮膚の健康には重要な要素でありまして、かけてはいけないものとなります。そして傾き始めますと、ニキビができたり赤みが出たりと、ロクなことがありません。その原因というのは、実に複合的な要素が入り乱れるのですが、紫外線の影響を受けましたり、日頃の皮膚の状態が不衛生であったり、スキンケアを間違えていたりと、さまざまな理由が入り組んでいます。それから皮膚状態の傾きには、メンタル的なストレスも関わりますし、女子の場合はホルモンのバランスの傾きまで関わってきます。そういったトータル的なことを考えましても、スキンケアを正しく行うのは前提として、ライフスタイルを正すことや、食生活の栄養を見直して行くことも必要になっていきます。日焼けをすることで皮膚は黒くなりますが、怖いのは乾燥をして、ますます皮膚の状態が悪くなることです。乾燥と激しいダメージをもたらす紫外線は、日頃からUVクリームなどでカットすることを心がけるようにします。これは夏の問題のみではなく、秋も冬もあるもです。スキンケアで多い間違いは洗顔で、何回も強力な洗浄成分で洗うのは御法度と心得るべきです。安価な洗浄料は、強烈に潤いまで落とすので、何回も顔を洗うのはタブーです。メイクを落とさずに寝てしまうのは、女子としてもはや言語道断です。1晩で雑巾をかびて眠るようなものであり、1年分は老けてしまいますし、肌荒れも加速しますので要注意です。

四季と肌の関係

日本には四季があり、それぞれ気温や湿度が違うため、肌の状態も変化します。春は冬に作られた角質が残っており、また乾燥しているのでかさつきやすいです。保湿クリームを塗り、マッサージなどで新陳代謝を促進して角質を剥がすことが大事です。また春先から紫外線が強くなります。1日の温度差が大きいので水分と油分のバランスがとりにくい中、紫外線のダメージが加わればバリア機能が低下するので、日焼け止めを忘れないようにします。夏は日差しが最も強いので、日焼け止めがより重要です。それでも日焼けして赤くなった時は、収れん効果の高い化粧水や冷やしたタオルで毛穴を引き締めます。汗をよくかくので洗顔を頻繁に行いがちですが、洗いすぎると皮脂が流れ落ちてかえって過剰な皮脂の分泌を引き起こすため、洗顔は朝と夜の2回に抑えます。秋は夏のダメージを受けた肌が、乾燥の影響を受けてトラブルを起こしやすくなります。油分が多い化粧品は肌への負担となるため、水分の蒸発を防ぐセラミドで保湿ケアを行うと良いです。また紫外線の影響は秋になって出始めます。シミやソバカスが増える時期なので、夏場の過ごし方や肌質に応じて美白化粧品を使います。冬は1年間で最も肌がダメージを受ける時期です。冷たい空気や風、暖房などがバリア機能を低下させます。また冷え性の人は冷え込みが厳しくなるにつれて、血色が悪くなり肌も栄養不足になります。定期的にマッサージすることで血行を改善して、透明感のある柔らかな肌を守ります。目の周りや唇は皮脂腺がないので乾燥しやすいです。マッサージの時にアイクリームやリップクリームを塗ると保湿できます。室内の暖房は風が直接当たらないように注意します。

お肌にいい食べ物は何がいい?

肌にいい食べ物は、アサイーです。アサイーはブラジルの奇跡と呼ばれ、日本では美容に興味を持つ若い女性を中心に人気を集めています。アサイーに含まれるポリフェノールのアントシアニンは、抗酸化作用が非常に高いので、シミやシワを引き起こす活性酸素を除去します。また新陳代謝を促進することもでき、食物繊維やカリウム、マグネシウムなど栄養素が豊富です。どの栄養素も同じく多く含まれている食べ物と比較しても、アサイーの方が何倍も多く含んでいます。ミネラルや食物繊維によるデトックス効果は、ニキビや吹き出物を改善するのに効果的です。アサイーは品質を安定させるのが難しいため、ブラジルから日本まで生のまま運ぶことはできません。日本ではサプリメントやドリンクから摂取するのが一般的なので、できるだけ添加物を含まない商品を購入するのが、肌には良いです。粉末になったアサイーパウダーならヨーグルトやシリアルなどにかけて食べられます。またトマトも美肌を目指すならば食べるべきです。トマトに含まれるリコピンにも抗酸化作用があります。リコピンは油に溶けやすいので、油を使って調理して食べのが良く、特にオリーブオイルと合わせれば吸収率が大きく上がります。イタリア料理ではトマトとオリーブオイルを使ったレシピがたくさんあるので、参考にすると良いです。カリウムも多いので、余分な水分が排出されてむくみやすい顔もすっきりした印象になります。トマト料理を毎日食べられない時は、トマトジュースでも代用できます。産地がはっきりとしたトマトのみを使った品質の良いトマトジュースならば、冷蔵庫に保管して好きな時に飲めるので、手軽にリコピンを摂取できます。

ページの先頭へ戻る